FC2ブログ

ついに「艦これ」雲龍さんの登場なのです!

Byモーリス


お待たせしましたぁ−!ついに艦これの雲龍さんをアップしました!
当ブログ2月10日更新時に、雲龍をいずれアップしますとお伝えしておりましたが、もう4ヶ月も過ぎてしまっております。
と言いますのも、お客様は「4月末に完成させて♪」とのご要望があったのと、その方が引き取りに来られたのが6月13日だったのです。
とっても仕事が忙しかったとの事で、ようやく時間が取れたそうです。この作品はさすがに運送会社で発送はしたくないのもありました。本当に遠方のお客様でしたら発送しますが、できるだけ引き取りにきていただきたいのが正直なところです。
そしてお客様は無事に雲龍をお持ち帰りになりましたので、本当によかったです♪
というわけで、こうしてブログにアップできる様になりました!

どうですか?すごいでしょう。キットはPOLY-TOYSの雲龍です。原型は3D出力品で、パーツどうしの合いは問題がありませんでした。こんな造形ですし複雑なパーツの配置なので、とにかく仮組は十分確認が必要でした。バッチリパーツが合っていきますが、一番のネックはフラッグの支え棒の位置関係を出す事でしょうか。
雲龍本体の位置から、支え棒の位置を正確に出さないと、うまく雲龍さんがフラッグを持ってくれません!
それから艦載機や鳥居、煙の位置は見本写真を見て取り付けています。ぐるりと回りこんでいる札のような物は、透明レジンに瞬間で点付けです。(この札は薄いプラ板で出来ています)
彩色については、元イラストを参考としております。雲模様のデカールも付属していて、ブラ?に貼り込みます。
船体ですが、結構ディテールが細かく、パーツも多いです。艦底色や機銃の色分けがありますね。
完成までの組み立てはどのパーツから取り付けるか等、考えながら行います。確か本体を組んで、船体、三つ編みの髪、フラッグをもたせて支え棒を固定、最後に札を取り付けた透明レジンをフラッグに差し込んで完成!という感じです。
いやーすごいです、この作品!さすが3D出力品といった感じですが、よく出来ていますね。3Dプリンターの性能は素晴らしい限りですが、キット化するには表面の積層の段差を消さないといけないので、この点だけは手間がかかりますね。
あと、全体の迫力は申し分ないのですが、フィギュア本体のスケールはおおよそ1/7位なので、それほど大きくはないですね。
如何でしたか?このキットは抽選で購入出来たとお客様は話しておりましたので、とても貴重なキットだと思います。
ワタクシも実際製作していて、とっても楽しかったです!ようやく雲龍のご紹介となりました。長文となりましたが、閲覧いただき誠にありがとうございました♪
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply