FC2ブログ

大切な製作ツールなのです!その1

Byモーリス

ピースコンは5本使用しています。タミヤが好きで、0,2が2本。0,3が2本。エアテックスグラフォT1、0,18㎜で極細彩色します。
今回はワタクシの大切なツールのご紹介をしたいと思います!キレイに模型を仕上げるには、やはり彩色(色ぬり)が命ですね。確かに組み立てや下地の処理とか、地味な部分でしっかり作業を施さないといい作品にはなりません。でも一番最初に目に飛び込んでくるのは色味であったり、仕上がりのディテールです。なので彩色をする為のツール、エアブラシをご紹介致します。モデラーによってその本数は様々ですが、私は5本のエアブラシを駆使して彩色しております。
0,3㎜口径は広範囲の塗装に適しています。
0,2㎜の細吹き用は、その全体に塗装したパーツのグラデーション(シャドウ)吹きに適しています。エア圧は0,3㎜より気持ち強くして、塗料の希釈はサラサラといった感じです。これは経験によりますが、濃いとグラデの粒子が粗く、汚い仕上がりになってしまいます。
0,18㎜という超極細吹きブラシも使用しております。(エアテックスグラフォT1)頻度はさほどではありませんが、小さいパーツのシャドウや、フィギュアの瞳、チークなんかに使用します。
モデラー歴が長いので、もう何本使って来たかはわかりませんが、丁寧にメンテナンスをしていますのでそれなりの年数は使えています。(頻度によりますが、3年から5年は使えるかも)
以上ですが、エアーブラシはそれなりに高価な道具ですし、仕上がりを左右するものなので、大事に使っていきたいですね。床屋さんのハサミといったところでしょうか。
今後も様々なツールをご紹介して参りますので、製作に関してやその他ご質問も歓迎致します!
それではまた!
Share

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply